研究センターの研究方向及びプロジェクト

研究センターの研究方向及びプロジェクト

グレッグ・セメンザ(Gregg L. Semenza)教授

「細胞には酸素感知システムが存在し、低酸素誘導因子に誘導される」理論体系に基づき、チームを率いて低酸素誘導を最大限利用する方法を研究する。低酸素環境下にあるダメージを受けた肌の細胞や老化細胞に対して、上流から輸送されて来た栄養素や成長因子をいかに正確に誘導し、有効的に働かせ、肌細胞の活力を生かし、活性化させる事を研究目標とする。

Gregg L. Semenza

国籍:アメリカ合衆国

生誕:ニューヨーク市クイーンズ区

出生年月:1956年7月

学歴及び経歴

1984年 ペンシルベニア大学遺伝学博士及び医学博士

1987年 米国ハーバード大学生物学学士

1999年から現在 ジョンズ・ホプキンズ大学医学院細胞工程研究所血管プロジェクト創始主任、腫瘍学教授、生物化学教授を歴任

受賞歴

2008年米国科学アカデミーメンバー入選

2012年米国国家医学アカデミーメンバー入選

2016年アルバート・ラスカー基礎医学研究賞受賞

2019年ノーベル生理学・医学賞受賞

Gregg L. Semenza

国籍:アメリカ合衆国

生誕:ニューヨーク市クイーンズ区

出生年月:1956年7月

学歴及び経歴

1984年 ペンシルベニア大学遺伝学博士及び医学博士

1987年 米国ハーバード大学生物学学士

1999年から現在 ジョンズ・ホプキンズ大学医学院細胞工程研究所血管プロジェクト創始主任、腫瘍学教授、生物化学教授を歴任

受賞歴

2008年米国科学アカデミーメンバー入選

2012年米国国家医学アカデミーメンバー入選

2016年アルバート・ラスカー基礎医学研究賞受賞

2019年ノーベル生理学・医学賞受賞

2019年ノーベル生理学・医学賞の研究内容

細胞における酸素調整分子メカニズムを発見

酸素は人間にとって極めて重要な存在であるが、食べ物を代謝エネルギーに転換させるには、ほとんどの動物細胞のミトコンドリアは酸素を利用する。細胞内の酸素が足りなくなると、生理機能が変異してしまう。Gregg L. Semenza 教授はエリスロポエチン(EPO)遺伝子及び如何に酸素含量が制御するかに関する研究を通じて、エリスロポエチン(EPO)遺伝子の付近に存在する特定のDNAは酸素不足の反応を仲介することを発見し、すべてのティッシュ(組織)では酸素の感知システムが存在することを証明した。

Gregg L. Semenza 教授は研究の過程でこの反応を仲介する細胞成分を特定した。また、培養された肝細胞の中でプロテイン複合物を発見し、この複合プロテインを酸素依存の形で鑑定されたDNAフラグメントと結合させ、酸素不足誘導因子(HIF)と名付けた。1995年,Gregg L. Semenza 教授はコーディングHIFの遺伝子を発見し、HIFが異なる二種類のDNA結合プロテインで構成されていることを解明した。即ち書き換え因子HIF-1αとARNTである。Gregg L. Semenza 教授は更にその抑制剤FIHも発見した。FIHの役割は、HIFプロテインの転換を調節することではなく、回路を通じた書き換えアクティべーションである。また、その活性の変動も酸素の仲介を受けている。酸素の感知が(Oxygen sensing)数多くの疾患の原因であり、HIFは酸素に影響する遺伝子伝達で非常に重要な役割を果たしている。Gregg L. Semenza 教授の発見は生理学では画期的な意義を持ち、貧血、がんとその他数多くの病気の解決方法を見つけることの布石となった。

酸素不足の状態では、酸素誘導因子(HIF)は異なる二種類のDNA結合プロテイン複合物で構成されている。書き換え因子HIF-1αとARNTである。

成果及び研究領域

Gregg L. Semenza 教授は1992年に低酸素誘導因子(HIF1)を発見したことにより、現代低酸素生理及び酸化ストレス研究分野の第一人者であり、またこの画期的な発見は人間の老化研究の各分野において非常に重要な影響を与えてきた。

Gregg L. Semenza 教授の研究領域は酸素安定性の分子メカニズム、低酸素誘導及び肌修復、ティッシュ(組織)再生と血管形成、及び病理・生理学と細胞工程等である。

our mission

VSHの使命

人の細胞を老化の初期段階から如何に効率よく活性化させ、抗酸化させることを研究の使命とする。

人の細胞を老化の初期段階から如何に効率よく活性化させ、抗酸化させることを研究の使命とする。

Institute Introduction

研究所概要

研究所は人間の肌老化に関する研究に特化し、同分野で最優秀の科学者チームが牽引している世界トップクラスのスキンアンチエイジング研究機構である。

研究チームは細胞生理学、皮膚学と医学領域を融合させ、最も先進的な学術理念と合わせ、肌老化分野のアンチエイジング技術とメソッドを見つけ出し、肌の老化問題をクリアする。

Institute Introduction

研究所概要

研究所は人間の肌老化に関する研究に特化し、同分野で最優秀の科学者チームが牽引している世界トップクラスのスキンアンチエイジング研究機構である。

研究チームは細胞生理学、皮膚学と医学領域を融合させ、最も先進的な学術理念と合わせ、肌老化分野のアンチエイジング技術とメソッドを見つけ出し、肌の老化問題をクリアする。