研究センターの研究方向及びプロジェクト

研究センターの研究方向及びプロジェクト

ランディ・シェクマン(Randy W.Schekman)教授

「小胞輸送はすべての細胞が持つ物質輸送方式」理論体系に基づき、研究チームを率いて細胞が小胞輸送のメカニズムを通じて、有効活性化成分をターゲット細胞に正確に融合させ、肌機能を促進し、科学的に肌のエイジング問題を解決することを研究する。

Randy W.Schekman

国籍:アメリカ合衆国

生誕:ミネソタ州セントポール

出生年月:1948年12月

学歴及び経歴

1971年 カリフォルニア大学ロサンゼルス校分子科学学士

1975年 スタンフォード大学博士号取得

1976年 カリフォルニア大学バークレー校分子と細胞生物学部教授

受賞歴

1992年米国科学アカデミーメンバー

2002年アルバート・ラスカー基礎医学研究賞

2010年南カリフォルニア大学のケック医学校マスリー賞

2013年ノーベル生理学・医学賞

Randy W.Schekman

国籍:アメリカ合衆国

生誕:ミネソタ州セントポール

出生年月:1948年12月

学歴及び経歴

1971年 カリフォルニア大学ロサンゼルス校分子科学学士

1975年 スタンフォード大学博士号取得

1976年 カリフォルニア大学バークレー校分子と細胞生物学部教授

受賞歴

1992年米国科学アカデミーメンバー

2002年アルバート・ラスカー基礎医学研究賞

2010年南カリフォルニア大学のケック医学校マスリー賞

2013年ノーベル生理学・医学賞

2013年ノーベル生理学・医学賞の研究内容

小胞輸送の関係遺伝子を発見

1970年代、Randy W.Schekman 教授は酵母をモデルシステムとして小胞輸送の遺伝子基礎研究を始めた。研究により、Randy W.Schekman 教授は酵母細胞では細胞輸送メカニズムの缺陥を引き起こす遺伝子を見つけた。これら遺伝子の缺陥によって細胞輸送システムが乱れ、小胞は目的地を辿り着くことができないため的確に輸送し放出できなくなり、細胞内に無秩序に散乱し、「交通ジャム」のような状況を起こしてしまう。同時に、これらの遺伝子が小胞輸送の密接な関係を証明した。長年の研究を通して、Randy W.Schekman 教授は三種類遺伝子制御細胞輸送システムの各側面と過程を確定させ、細胞が小胞輸送を厳しく監視し制御するメカニズムを解明し、細胞媒介の小胞輸送エリアでは数多くの新しい見解を提供した。Randy W.Schekman 教授の研究は真核細胞内タンパク質がドナー膜からターゲット分子を捉え、小胞に入れたあと指定されたターゲットに輸送される全過程を掲示した。この過程は双方的で、多種類細胞内の細胞器官に関わっている。細胞膜上の異なるアウトソーセド蛋白がすべての小胞の「出芽」過程を介入し、指導をした。

酵母にあるsec-1 遺伝子の異変は細胞内小胞輸送の乱れを起こし、小胞が積み重なってしまう。

A:普通酵母株にある小胞はゴルジ体が正確に細胞膜に輸送され、放出される;

B:sec-1遺伝子の異変によって、小胞はターゲットと融合する機能を失い、放出できなくなり、      細胞内に積み重なってしまう。

成果と研究領域

Randy W.Schekman 教授は1991年以来ハワード・ヒューズ医学研究所 の研究員を務めている。カリフォルニア大学バークレー校の研究室では真核細胞中の膜モジュールと小胞輸送過程での分子説明の実験を行っている。細胞膜輸送の研究によりアルバート・ラスカー基礎医学研究賞受賞。

Randy W.Schekman 教授の主たる研究領域は幹細胞の研究、酵母菌の研究、生物学AI(人工智能)等の生理医学研究である。

Our Mission

VSHの使命

皮膚アンチエイジング修復研究所は、「ヒトの皮膚 細胞が老化及びダメージを受けた時、如何に効率的に修復・活性化し、老化を遅らせるか」という問題を解決することを使命としており、この趣旨は一貫して変わることはありません。

Institute Introduction

研究所概要

研究所は人類の皮膚アンチエイジング及び敏感肌修復に関する研究 に専心し、 同分野で最優秀の科学者チームが牽引している世界トップクラスのスキンアンチエイジング研究機構である。

研究チームは細胞生理学、皮膚学と医学領域を融合させ、最も先進的な学術理念と合わせ、肌老化分野のアンチエイジング技術とメソッドを見つけ出し、肌の老化問題をクリアする。